フィリピン航空、2023年夏季フライトスケジュール発表

航空会社情報

フィリピン航空の日本発着路線は、2023年6月16日(金)よりマニラ国際空港の発着ターミナルが「ターミナル2」から「ターミナル1」へ変更されます。送迎や出迎えなどで混乱が予想されます。ご注意ください。

フィリピン・マニラ国際空港、国際線発着ターミナル大幅変更

フィリピン航空、2023年夏季日本発着スケジュール発表

フィリピン航空は、2023年3月26日から10月28日までの夏季運行スケジュールを発表しました。
需要に合わせて一部マニラ路線の使用機材を大型化しています。
ただし、残念ながらセブ直行便は、週4本のみ成田空港から運航します。

フィリピンは、2022年2月10日より外国人旅行者の隔離措置なしでの受け入れを再開しています。
また11月2日以降はワクチン接種を2回以上完了していれば、日本出発前のPCR検査陰性証明書の提出が不要になりました。また、ワクチン未接種者も条件付きで、フィリピン入国が可能になっています。

日本帰国にあたっては、2022年9月7日以降、ワクチン接種を3回完了していれば、日本帰国時のPCR検査陰性証明書の取得は不要になりました。フィリピン渡航時の検疫上の煩しさはほぼ解消したことになります。

【2022年11月最新版】フィリピン、入国手続きに関する最新情報

【2023年6月最新版】フィリピン入国時の電子渡航申告システム、eTravelの登録方法解説

フィリピン航空運行スケジュール

日本各都市発 フィリピン行き

PR431便 成田発 09:30 → マニラ着 13:50 毎日運行
PR427便 成田発 14:00 → マニラ着 18:10 毎日運行
PR421便 羽田発 15:05 → マニラ着 19:15 毎日運行
PR423便 羽田発 01:30 → マニラ着 05:25 毎日運行
PR407便 関空発 09:55 → マニラ着 12:55 毎日運行
PR411便 関空発 15:15 → マニラ着 18:55 毎日運行
PR437便 名古屋発13:25 → マニラ着 17:00 毎日運行
PR425便 福岡発 15:30 → マニラ着 18:35 毎日運行
PR433便 成田発 14:40 → セブ着  18:55 水・木・土・日曜日運行

フィリピン発 日本各都市行き

PR428便 マニラ発 07:30 → 成田着 13:00 毎日運行
PR432便 マニラ発 14:30 → 成田着 20:10 毎日運行
PR422便 マニラ発 08:10 → 羽田着 13:40 毎日運行
PR424便 マニラ発 18:40 → 羽田着 23:59 毎日運行
PR408便 マニラ発 03:40 → 関空着 08:55 毎日運行(8月1日より時間変更)
PR412便 マニラ発 09:05 → 関空着 14:15 毎日運行
PR438便 マニラ発 06:40 → 名古屋着11:50 毎日運行
PR426便 マニラ発 09:45 → 福岡着 14:30 毎日運行
PR434便 セブ発  07:50 → 成田着 13:40 水・木・土・日曜日運行

*使用機材は以下を除き、全てエアバス321タイプになります。
【PR427/428 成田/マニラ/成田路線のみ】エアバス321/エアバス333/ボーイング777のいずれか
*8月1日よりPR408便(マニラ⇒関空)は発着時間が変更になります。

【2023年最新版】フィリピン航空、日本発着国際線の使用機材まとめ

燃油サーチャージについて

2023年8月~2023年9月発券分までの燃油サーチャージは、往復で16,000円となります。
(7月中の発券の場合は、往復で19,000円となります)
燃油サーチャージは、大人・子供(2歳以上12歳未満)共に同額です。
座席を使用しない幼児(2歳未満)は、燃油サーチャージ徴収の対象外となります。
燃油サーチャージとは別途、片道につき500円の航空保険料が徴収されます。
航空保険料は幼児も対象となります。

フィリピン航空・セブパシフィック航空、燃油サーチャージ値下げ

マニラ・ニノイアキノ国際空港の発着ターミナルについて

フィリピン航空運行便に関しては、下記の通りとなります。2023年6月16日より、発着ターミナルが変更されています。
<国際線の発着>
ターミナル1:フィリピン航空「国際線」全路線
<国内線の発着>
ターミナル2:フィリピン航空「国内線」全路線

フィリピン・マニラ国際空港、国際線発着ターミナル大幅変更

空港ラウンジサービスについて

フィリピン及び日本の各空港におけるラウンジサービス状況は以下の通りです。
【成田空港】第2ターミナル本館3階 JALサクララウンジを利用
【羽田空港】第3ターミナル110番ゲート付近 ANAラウンジを利用
【関西空港】飛鳥ラウンジ(PR411便利用時)、関空エアサイドラウンジ(PR407便利用時)
【名古屋空港】プラザ・プレミアムラウンジを利用
【福岡空港】ラウンジ福岡を利用
【マニラ空港】ターミナル1=PAGSSラウンジ・MARHABAラウンジもしくはAラウンジを利用
       ターミナル2=マブハイラウンジを利用
【セブ空港】国際線=プラザ・プレミアムラウンジ、 国内線=マブハイラウンジを利用

セブ・ダバオなど国内線へ乗り継ぐ場合の注意点

フィリピン開国以来、マニラから国内線へ乗り継いでセブ島やダバオなど地方都市へ渡航することが可能になりました。ただし、国内線へ乗り継ぐ場合は、受託手荷物(スーツケース)の取り扱いに注意が必要です。以下、受託手荷物の扱いに関しての注意事項をご参照ください。

1日本出発時フィリピン航空のチェックインカウンターで、機内へ預けるスーツケースなどの受託手荷物の手続きを行います。受託手荷物(機内へ預けるスーツケース等)に付くクレームタグには、セブ・ダバオなどの最終目的地が記載されていることを確認してください。
2マニラ到着時 その1入国審査終了後に、受託手荷物受取エリア(ターンテーブル)で一旦自分のスーツケースをピックアップする必要があります。
3マニラ到着時 その2マニラ空港で、入国検疫を受けてください。
4マニラ到着時 その3入国検疫が終了したら、スーツケースを再度フィリピン航空の乗継カウンターに預け直してください。
5目的地到着時マニラ空港で預け直したスーツケースをターンテーブルからピックアップしてください。

*マニラ空港で国際線から国内線へ乗り継ぐ場合、スーツケースなどの受託手荷物は自動的に目的地まで運ばれません。マニラ空港で入国検疫を通過した後に、再度乗継カウンターに預け直す必要があります。この手続きを行わないと、スーツケースはマニラ空港に留め置かれたままになってしまいます。くれぐれもご注意ください。

不明な点は、フィリピン航空予約課へお問合せください。

2022年9月20日、フィリピン航空日本支社は事務所を移転しました。新しい連絡先は以下の通りです。
新住所:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-9-12 共同ビル室町1丁目 7階
予約・発券部     電話番号:03-6262-5663
東京支店・旅客営業部 電話番号:03-6262-5785

海外渡航情報は絶えず変化しています!

当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. JALとANA、2024年4月以降の燃油サーチャージ発表。更に2段階値下げへ

  2. 【2024年2月最新版】フィリピン・eTravel大幅改定へ!登録方法詳細解説

  3. ニューコーストホテルマニラ、改装工事のため休館へ

  4. JALとANA、2024年2月以降の燃油サーチャージ発表。値下げへ

  5. セブパシフィック航空、セブ線・クラーク線欠航情報

ランキング

  1. 1

    【2023年11月最新版】フィリピン入国時の電子渡航申告システム、eTravelの登録方法解説

  2. 2

    【2022年10月最新版】韓国、ビザなし渡航本格的に再開。ただし、K-ETA申請は必須。

  3. 3

    JALとANA、2023年4月以降の燃油サーチャージ発表。3段階値下げ

  4. 4

    JALとANA、2023年2月以降の燃油サーチャージ発表。金額は据え置き

  5. 5

    免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. 6

    フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス321-neoSR編

TOP