【2023年11月最新版】フィリピン入国時の電子渡航申告システム、eTravelの登録方法解説

出入国情報(海外)

【2024年2月追記】eTravelの登録画面が大幅に刷新されました。新しい登録方法は以下のページをご参照ください。

【2024年 3月最新版】フィリピン・eTravel大幅改定へ!登録方法詳細解説

【2023年7月追記】フィリピン政府は、2023年7月21日付で防疫規制等に関する公衆衛生上の非常事態宣言を解除しました。これに伴い、新型コロナワクチンの接種要件は不要になり、ワクチン未接種の渡航者も事前に抗原検査の「陰性証明書」を取得することなく、フィリピンへ入国することが可能になりました。

【2023年6月追記】eTravel申請にあたり、巧妙な偽サイトに誘導して高額な手数料を徴収する悪質なサイトが増えています。eTravel申請は、必ず公式サイト https://etravel.gov.ph/ から申請手続きを行うようにしてください。

【2023年4月追記】2023年4月15日以降、「フィリピン国籍の方に限り」フィリピン出国時(日本到着時)にもeTravelの登録が必須になりました。日本国籍の方は、フィリピン入国時のみeTravelの登録が必要になります。

フィリピンへ入国する際に登録が義務付けられている電子渡航申告システム「eTravel」(イートラベル)の登録方法を解説します。

従前の「One Health Pass」から「eARRIVAL CARD」へと改定された検疫登録を兼ねた電子渡航申告システムは、3度目の変更で2022年12月より「eTravel」と名称および登録フォームが改定されました。

紙ベースで入国審査時に提出していた「出入国カード」が廃止され、電子申告に統一されたものがこの「eTraval」になります。

この手続きは、渡航前に事前登録を行わなければなりません。現在のデフォルト設定では、出発予定日の4日前から登録申請が可能となっています。登録料は無料です。全ての項目を入力し、QRコードが表示されるまでに要する時間は10分~15分程度です。

①初期登録画面

eTravelの初期登録URL: https://etravel.gov.ph/

eTravel-1

項目要約備考
Register 最上段パスポート上の国籍確認FOREIGN PASSPORT HOLDERを選択
Citizenship国籍日本国籍の方は、Japaneseを選択
Travel Typeフィリピン入国もしくは出国の選択
  • Arrival=フィリピン入国時に選択
  • Departure=フィリピン出国時に選択(フィリピン国籍者のみ)
Transportation Type入国経路AIR(航空機利用)を選択
Date of arrivalフィリピン到着日カレンダーより到着日を選択
Enter Emailメールアドレス入力携帯で受信可能なメールアドレスを記入
Re-Enter Emailメールアドレスの再入力上記と同じアドレスを記入

全ての記入を終え、個人情報の提供に同意する項目にチェックを入れたら「Continue」ボタンをクリック。

*ここで登録したEメールアドレスに申請承認のQRコードが送られてきます。なるべくスマートフォンで受信可能なアドレスを登録することをお勧めします。

②個人情報の入力1(STEP 1 of 6)

eTravel-2

 

項目要約備考
First Name名 (例)TAROパスポートと同様の英語表記
Last Name姓 (例)YAMADAパスポートと同様の英語表記
Middle Nameミドルネーム記入不要
Suffix称号等記入不要
Passport Numberパスポート番号パスポート番号を記入
Sex性別MALE=男性、FEMALE=女性
Birth Date生年月日カレンダーから選択
Citizenship国籍・市民権日本国籍の方はJapanseを選択
Country Of Birth出生国日本国籍の方はJapanを選択
Mobile Number携帯電話番号下記参照

Occupation(職業)の区分について(例)

  • 会社員・勤め人の場合:Worker/Laborerを選択
  • 学生の場合:Student/Minorを選択
  • 主婦の場合:Housewifeを選択
  • 会社役員・経営者等:Professional/Technical/Administrativeを選択

Mobile Number(電話番号)の記入について

このシステムのデフォルト設定として、「Citizenship」の項目でJapaneseを選択すると、自動的に日本の携帯電話番号を入力する項目に切り替わります。(日本の国旗マークが表示されます)日本の国番号(+81)の後の入力は、頭のゼロを外した2桁の数字から順に入力してください。ハイフンは不要です。(例 090→90、080→80などの後に電話番号を入力。+81 90 1234 5678)

全ての記入を終えたら「Next」ボタンをクリック。

③個人情報の入力2 (STEP 2 of 6)

eTravel-3

 

Countryの部分で「Japan」を選択し、現住所を入力します。番地から順に記入してください。(例)1-1-1, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo

記入を終えたら「Next」ボタンをクリック。

④-1到着日・到着便名などの登録 (STEP 3 of 6)

eTravel-3

 

項目要約備考
Date of Arrivalフィリピン到着日カレンダーより到着日を選択
Country Of Origin出発地Japanを選択
Purpose Of Travel旅行目的下記参照
Traveller Type旅客/航空クルーの選択飛行機で入国する場合は、AIRCRAFT PASSENGERを選択
Name Of Airline航空会社名利用航空会社名をタブから選択
□Special Flight?特別便・チャーター便?定期便利用の場合はチェック不要
Flight Number航空機便名下記参照
Airport Of Arrival到着空港名下記参照
Seat/Bed Number座席番号記入不要

旅行目的について(例)

  • 観光の場合:Holiday/Pleasure/Vacationを選択
  • 商用の場合:Business/Professionalを選択
  • 語学留学などの場合:Education/Training/Studiesを選択
  • コンベンション参加の場合:Convention/Conferenceを選択

フライト番号について

このシステムのデフォルト設定として、航空会社名をタブ一覧から選択した段階で、自動的に就航しているフライト番号一覧がタブで表示されます。また、フライト番号を選択した段階で自動的に到着空港名が表示されます。

全ての記入を終えたら「Next」ボタンをクリック。

④-2 宿泊ホテルなどの情報登録 (STEP 4 of 6)

eTravel-4

 

項目要約備考
Hotel/Resort もしくは Residenceホテルへ滞在する場合はHotel/Resortを選択し、フィリピン国内での宿泊予定ホテル名を選択。複数のホテルへ宿泊する場合は、最初の1泊目に宿泊するホテル名を記入。個人宅へ滞在の場合は、Residenceを選択し、滞在先の住所を記入。
Contact Information宿泊ホテルの電話番号を記入。ハイフンは不要。個人宅の場合は家の電話番号もしくはフィリピンで使用している携帯番号を記入

宿泊ホテルの登録について(例)

フィリピン国内のほぼ全てのホテルがデータベースに格納されています。シェラトンホテルへ宿泊する場合、SHERATONと記入すると該当しそうなホテル名が複数表示されます。複数のホテル名が表示される場合は、ホテルの住所を確認して該当するホテルを選択してください。ホテル名を選択すると、自動的に住所・電話番号等の情報が登録されます。

⑤健康報告 (STEP 5 of 6)

eTravel-6

 

項目要約備考
Country(ies) worked, visited ………過去30日間に訪れた外国の確認下記参照
  • [COUNTRY(IES) WORKED, VISITED AND TRANSITED IN THE LAST 30DAYS] ⇒過去30日間の間に訪問もしくは乗り継ぎをした国がある場合は、その国名を記入。無い場合は、記入不要。

下段の質問事項

[Have you had any history of exposure to a person who is sick or known to have communicable/infectious disease in the past 30days prior to travel?] ⇒渡航前の過去30日間に病気の人または伝染病/感染症に罹患している人と接触した履歴がありますか?との質問。感染症患者との接触の有無を質問しているので、身に覚えのない人はNOにチェックを入れる。

[Have you been sick in the past 30 days?] ⇒過去30日間の間に病気になりましたか?との質問。ここも特に病歴の無い人はNOにチェックを入れる。

全ての記入を終えたら「Next」ボタンをクリック。

⑥入力項目確認画面 (STEP 6 of 6)

eTravel-summary

ここまでの記入が完了すると、各記入項目の確認画面が出ます。入力項目に誤りがあった場合は、ここで訂正してください。記入事項に間違いがなければ、下部の「Submit」ボタンをクリック。

⑦QRコードの保存(重要)

eTravel-QR

 

 

上記必要事項を全て登録すると、最後にQRコードが表示されます。表記されたQRコードの下段にダウンロード(Download QR code as Image)の項目があります。念のため、QRコードをダウンロードして保存してください。このQRコードは非常に重要になりますので、PCで登録した場合はQRコードをダウンロードして、保存してください。もしくは、QRコードをプリントアウトしてパスポートと一緒に保管してください。スマートフォンで登録した場合も、QRコードをダウンロードしてスマホ内に保存してください。

なお、このQRコードは申請時に登録したメールアドレスに手続き完了の案内と共に送られてきます。

QRコードは、日本出発時(空港チェックイン時)とフィリピン到着時の2回、提示を求められます。このQRコードがないと、航空機への搭乗を拒否される場合があります。

【2022年11月最新版】フィリピン、入国手続きに関する最新情報

フィリピン、LCC続々運航再開!フライトスケジュール一覧

海外渡航情報は絶えず変化しています!

当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

関連記事

特集記事

おすすめ記事

  1. フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス321-ceo編

  2. JALとANA、2024年6月以降の燃油サーチャージ発表。再び値上げへ

  3. JALとANA、2024年4月以降の燃油サーチャージ発表。更に2段階値下げへ

  4. 【2024年3月最新版】フィリピン航空、日本発着国際線の使用機材まとめ

  5. 【2024年 6月最新版】フィリピン・eTravel大幅改定へ!登録方法詳細解説

最近の記事

  1. JALとANA、2024年8月以降の燃油サーチャージ発表。金額据え置き

  2. フィリピン航空・セブパシフィック航空、2024年6月以降の燃油サーチャージ発表

  3. JALとANA、2024年6月以降の燃油サーチャージ発表。再び値上げへ

  4. フィリピン航空・セブパシフィック航空、2024年4月以降の燃油サーチャージ値下げ

  5. ユナイテッド航空、成田⇔セブ直行便就航へ

TOP