フィリピン入国時の必須手続き、eARRIVAL CARDの登録方法解説

フィリピン情報

2022年12月、フィリピン入国時の検疫事前登録フォーム「eARRIVAL CARD(イーアライバルカード)」は、「eTravel」と名称が変更され、登録フォームの内容も変更になりました。最新の情報は以下のコラムをご参照ください。

【2023年6月最新版】フィリピン入国時の電子渡航申告システム、eTravelの登録方法解説

フィリピンへ入国する際に登録が義務付けられている「eARRIVAL CARD」の登録方法を解説します。

従前の「One Health Pass」からフォーマットが変更になりました。eARRIVAL CARDは日本出発時の空港チェックインの際にQRコードを提示する必要があります。そのため、渡航前に事前登録を行わなければなりません。フィリピン政府は、出発の72時間前までには登録を完了させることを奨励しています。登録料は無料です。登録にあたり、フィリピンに土地勘のない渡航者にとっては、若干分かりにくい箇所があります。具体的な登録方法は以下の通りです。

なお、eARRIVAL CARDの登録は、慣れた方でも10分~15分程度の時間がかかります。登録の際は、時間に余裕を持って臨んでください。

初期登録画面

eARRIVAL CARDの登録URL:https://onehealthpass.com.ph/
eARRIVAL CARD1
1.右下部「REGISTER」ボタンをクリック。

eARRIVAL CARD2
2.日本国籍の方は、下段オレンジ色の「Foreign National」をクリック。

①同意確認画面

eARRIVAL CARD3
3.登録者の個人情報の提供などの同意を求める画面です。□部分にチェックを入れ、緑色の「Continue」ボタンをクリック。

②渡航日・渡航目的などの登録

eArrival card 1

 

項目要約備考
DATE OF DEPARTURE出発日カレンダーから選択
DATE OF ARRIVAL到着日カレンダーから選択 *夜行便などで到着が翌朝になる場合は、日付が一日後になる。
AIRPORT/SEAPORT OF ARRIBAL到着空港NAIA=ニノイアキノ・マニラ国際空港の略。マニラへ到着する場合は、ターミナル1から3までを選択。各々の航空会社別ターミナルは、下段を参照。
COUNTRY FROM出発国タブからJAPANを選択
AS PASSENGER/CREW旅客/航空クルーの選択飛行機で入国する場合は、AIRCRAFT PASSENGERを選択
VACCINATED FOR COVID-19ワクチン接種の有無ワクチン接種者はYESを選択
PURPOSE OF VISIT渡航目的観光で入国する場合は、HOLIDAY/PLEASURE/VACATIONを選択
AIRLINE NAME利用航空会社名タブから利用航空会社を選択
FLIGHT NUMBER航空便名タブから便名を選択
SEAT NO.(OPTIONAL)座席番号事前にシートアサイン済の場合、その座席番号を登録。登録は任意。
  1. NAIA T1 (ニノイアキノマニラ国際空港・ターミナル1=JAL利用の場合)
  2. NAIA T2(ターミナル2=フィリピン航空利用場合)
  3. NAIA T3(ターミナル3=ANAおよびセブパシフィック航空利用の場合)
  4. セブ島の場合は、MACTAN-CEBU INTERNATIONALを選択

全ての記入が終わったら、緑色の「Continue」ボタンをクリック。

③基本的個人情報の登録および宿泊ホテル登録

eARRIVAL CARD5

項目要約備考
LAST NAME姓 (例)YAMADAパスポートと同様の英語表記
FIRST NAME名 (例)TAROパスポートと同様の英語表記
MIDDLE NAMEミドルネーム記入不要
SUFFIX称号等記入不要
SEX性別MALE=男性、FEMALE=女性
DATE OF BIRTH生年月日カレンダーから選択
CIVIL STATUS結婚歴
  • SINGLE=独身
  • MARRIED=既婚者
  • WIDOWED=死別(未亡人)
  • DIVORCED=離婚者
  • ANNULLED=婚姻取消
  • SEPARATED=別居(離婚)
NATIONALITY国籍基本はJAPANESEを選択
EMAILEメールアドレスフィリピンで受信可能なメールアドレスを記入。デフォルトで大文字入力になってしまうが、それで大丈夫。
CODE国番号JAPAN(+81)を選択
CONTACT NUMBER携帯電話番号ハイフンは不要
COUNTRY OF BIRTH出生国基本はJAPANを選択
COUNTRY OF RESIDENCE居住国基本はJAPANを選択
CITY OF RESIDENCE居住都市居住する市区町村を記入

*携帯電話番号は、頭のゼロを入れても外してもどちらでも読み込みます。

宿泊ホテル情報の入力

下段のDESTINATION UPON ARRIVAL IN THE PHILIPPINES?* の部分は、ホテルに宿泊する場合はHOTEL/RESORT/TOURIST DESTINATIONの前の〇部分にチェックを入れる。知人・友人・家族などの家に滞在する場合は、RESIDENCEにチェックを入れ、その住所を記入。

NAME OF HOTEL/RESORT/宿泊ホテル名宿泊するホテル名を記入
PROVINCE(州)ホテルの所在州下記参照
MUNICIPALITY/CITY(都市)ホテルの所在都市下記参照

PROVINCEの区分について(例)

  • マニラに滞在する場合:METRO MANILAを選択
  • セブ島に滞在する場合:CEBUを選択
  • アンヘレスに滞在する場合:PAMPANGAを選択

MUNICIPALITY/CITYの区分について(例)

  • マニラ・ベイエリアのホテルに滞在する場合:CITY OF MANILAを選択
  • マカティエリアのホテルに滞在する場合:CITY OF MAKATIを選択
  • オカダホテル・ソレアホテルに滞在する場合:CITY OF PARANAQUEを選択
  • シティオブドリームス内のハイアット・ノブなどに滞在する場合:CITY OF PARANAQUEを選択
  • ケソンエリアに滞在する場合:QUEZON CITYを選択
  • セブ島リゾートエリアに滞在する場合:CITY OF LAPU-LAPUを選択
  • セブシティに滞在する場合:CITY OF CEBUを選択
  • パンパンガ(アンヘレス)に滞在する場合:CITY OF ANGELESを選択

全ての記入が終わったら、緑色の「Continue」ボタンをクリック。

④ワクチン接種歴の登録(重要)

eArrival 3

eARRIVAL CARDで一番重要な質問項目になります。この部分は、事前に取得したワクチン接種証明書や接種証明アプリを見ながら、慎重に記入してください。なお、フィリピン政府は「2回以上」ワクチン接種を完了していることを、入国条件の大前提としています。3回目のワクチン接種歴の登録は不要になりました。

項目要約備考
COVID-19 VACCINE FIRST DOSE新型コロナワクチン1回目接種年月日カレンダーから選択
NAME OF VACCINEワクチンの種類下記参照
COVID-19 VACCINE SECOND DOSE新型コロナワクチン2回目接種年月日カレンダーから選択
  1. ファイザー接種の場合:PFIZER-BIONTECH COVID-19 VACCINE(COMIRNATY)を選択
  2. モデルナ接種の場合:MODERNA COVID-19 VACCINE(SPIKEVAX)を選択

下段の質問事項

[COUNTRY(IES) WORKED, VISITED AND TRANSITED IN THE LAST 30DAYS] ⇒過去30日間の間に訪問もしくは乗り継ぎをした国がある場合は、その国名を記入。無い場合は、COUNTRY1にJAPANのみ記入。

[HISTORY OF EXPOSURE TO KNOWN PROBABLE AND/OR CONFIRMED COVID-19 CASE 14DAYS BEFORE THE ONSET OF SIGNS AND SYMPTOMS? OR IF A SYMPTOMATIC, 14DAYS BEFORE SWABBING OR SPECIMEN COLLECTION? OR ANY KNOWLEDGE OF BEING EXPOSE TO A PERSON DIAGNOSED WITH MONKEYPOX? ] ⇒ここは、過去14日間の間に新型コロナウィルスに感染もしくは感染兆候の有無、および、サル痘感染者との接触の有無を質問しているので、基本的にはNOにチェックを入れる。

[HAVE YOU BEEN SICK IN THE PAST 30DAYS?] ⇒過去30日間の間に病気になりましたか?との質問。ここも特に病歴の無い人はNOにチェックを入れる。

全ての記入が終わったら、「CAPTCHA SECURITY」の部分に表記されたコードを記入して、水色の「Submit」ボタンをクリック。

QRコードの保存

上記必要事項を全て登録すると、最後にQRコードが表示されます。このQRコードは非常に重要になりますので、PCで登録した場合はQRコードをスマートフォンのカメラで撮影し、スマホ内に保存してください。もしくは、QRコードをプリントアウトしてパスポートと一緒に保管してください。スマートフォンで登録した場合は、スクリーンコピー(スクリーンショット)をスマホ内に保存してください。QRコードは、日本出発時(空港チェックイン時)とフィリピン到着時の2回、提示を求められます。このQRコードがないと、航空機への搭乗を拒否されます。また、フィリピン到着後にエクスプレスレーン(検疫優先レーン)を通ることができなくなりますので、ご注意ください。

eARRIVAL CARD QR CODE

偽サイトにご用心!

Googleなどの検索サイトでeARRIVALカードと検索すると、巧妙に渡航者を誘因する偽サイトが表記されることがあります。eARRIVALカードの登録を行う場合は、必ず正規URL https://onehealthpass.com.ph/ から登録を行ってください。

これで、eARRIVAL CARDの具体的な登録方法の解説を終了します。感染対策をしっかりと講じた上で、楽しいフィリピン旅行をお過ごしください。

【2022年11月最新版】フィリピン、入国手続きに関する最新情報

海外渡航情報は絶えず変化しています!

当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. JALとANA、2024年4月以降の燃油サーチャージ発表。更に2段階値下げへ

  2. 【2024年2月最新版】フィリピン・eTravel大幅改定へ!登録方法詳細解説

  3. ニューコーストホテルマニラ、改装工事のため休館へ

  4. JALとANA、2024年2月以降の燃油サーチャージ発表。値下げへ

  5. セブパシフィック航空、セブ線・クラーク線欠航情報

ランキング

  1. 1

    【2023年11月最新版】フィリピン入国時の電子渡航申告システム、eTravelの登録方法解説

  2. 2

    【2022年10月最新版】韓国、ビザなし渡航本格的に再開。ただし、K-ETA申請は必須。

  3. 3

    JALとANA、2023年4月以降の燃油サーチャージ発表。3段階値下げ

  4. 4

    JALとANA、2023年2月以降の燃油サーチャージ発表。金額は据え置き

  5. 5

    免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. 6

    フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス321-neoSR編

TOP