【2024年2月最新版】フィリピン・eTravel大幅改定へ!登録方法詳細解説

出入国情報(海外)

フィリピンへ入国する際に登録が義務付けられている電子渡航申告システム「eTravel」(イートラベル)の登録方法を解説します。

過去複数回に渡り仕様変更してきたeTravelですが、2024年より登録フォームが再度改定されました。

紙ベースで入国審査時に提出していた「出入国カード」が廃止され、電子申告に統一されたものがこの「eTraval」になります。

この手続きは、渡航前に事前登録を行わなければなりません。現在のデフォルト設定では、出発予定日の4日前から登録申請が可能となっています。

登録料は無料です。全ての項目を入力し、QRコードが表示されるまでに要する時間は15分~20分程度です。

①初期登録画面

eTravelの初期登録URL: https://etravel.gov.ph/

eTravel 1

1.まず一番最初にメールアドレスを登録します。ここで登録するメールアドレスはご自身のスマートフォンで受信可能なメールアドレスを記入してください。

etravel 2

2.登録したメールアドレスに「ワンタイムパスワード」が送信されます。6ケタの数字を記入してください。

etravel 3

3.続けてパスワード設定画面に切り替わります。任意のパスワードを記入してください。パスワードは8文字以上で設定してください。パスワードには少なくとも1つの大文字と1つの小文字が含まれている必要があります。

②個人情報の入力1(STEP 1 of 3)<Personal Information>

etravel 4
ここからようやく申請画面に入ります。

最上段の<Take a selfie or upload image>について

申請者の顔写真をアップロードする項目が新たに追加されました。選択可能なアップロード方法は2通りです。

  1. 自身のスマートフォンもしくはPCのカメラで自撮りをして、そのデータをアップロードする。[Camera]
  2. 事前に写真データを用意して、そのデータをアップロードする。[Local Files]
項目要約備考
最上段パスポート上の国籍確認FOREIGN PASSPORT HOLDERを選択
First Name名 (例)TAROパスポートと同様の英語表記
Middle Nameミドルネーム記入不要
Last Name姓 (例)YAMADAパスポートと同様の英語表記
Suffix称号等記入不要
Sex性別FEMALE=女性、MALE=男性
Birth Date生年月日カレンダーから選択
Mobile Number携帯電話番号下記参照
Citizenship国籍・市民権日本国籍の方はJapanseを選択
Country Of Birth出生国日本国籍の方はJapanを選択
Passport Numberパスポート番号パスポート番号を入力

Mobile Number(電話番号)の記入について

左部(旗の部分)で日本国旗(Japan)を選択すると国番号+81が選択されます。日本の国番号(+81)の後の入力は、頭のゼロを外した2桁の数字から順に入力してください。ハイフンは不要です。(例 090→90、080→80などの後に電話番号を入力。+81 90 1234 5678)

Occupation(職業)の区分について(例)

  • 会社員・勤め人の場合:Worker/Laborerを選択
  • 学生の場合:Student/Minorを選択
  • 主婦の場合:Housewifeを選択
  • 会社役員・経営者等:Professional/Technical/Administrativeを選択

全ての記入を終えたら「Next」ボタンをクリック。

③個人情報の入力2(STEP 2 of 3)<Permanent Country of Residence>

etravel 5

項目要約備考
Country居住国日本にお住まいの方は、Japanを選択
House No./Bldg./City/State/Province現住所の記入下記参照
Adress Line 2現住所情報 2記入不要

Countryの部分で「Japan」を選択し、現住所を入力します。番地から順に記入してください。(例)1-1-1, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo

記入を終えたら「Next」ボタンをクリック。

④入力確認画面 (STEP 3 of 3)<Onboarding Summary>

etravel 6

ここまで記入を終えた項目の確認画面が表示されます。内容に誤りが無ければ「Submit」ボタンをクリック。

⑤個人情報の登録完了

etravel 7

ここまでの作業で、個人情報の登録は完了しました。次のステップとして、フィリピン入国情報を入力する画面に移ります。[New Travel Declaration]ボタンをクリックしてください。

⑥渡航情報の入力<Travel Resistration>

etravel 8

項目要約備考
FOR ME / FOR OTHER申請者の選択自身の申請/同行する家族分の申請のいずれかを選択
AIR / SEAフィリピンへの入国手段航空機で入国する場合はAIRを選択
ARRIVAL / DEPARTUREフィリピン入国/出発の選択フィリピン入国の際はARRIVALを選択

入力が完了したら、[Continue]ボタンをクリック

⑦渡航目的および宿泊情報の入力<Travel Details-Philippine Arrival>

etravel 9

 

項目要約備考
Purpose of Travel旅行目的下記参照
Traveller Type旅客/航空クルーの選択飛行機で入国する場合は、AIRCRAFT PASSENGERを選択
Country of Origin出発地Japanを選択

旅行目的について(例)

  • 観光の場合:Holiday/Pleasure/Vacationを選択
  • 商用の場合:Business/Professionalを選択
  • 語学留学などの場合:Education/Training/Studiesを選択
  • コンベンション参加の場合:Convention/Conferenceを選択

[Destination upon arrival in the Philippines]の項目について

ホテルなどの宿泊施設に滞在する場合は、Hotel/Resortを選択。一般の個人宅へ滞在する場合は、Residenceを選択。

Hotel/Resortを選択すると、ホテル名を記入する欄が出ます。ここではまず[Search… ]の部分に滞在ホテル名を英語で記入してください。自動的にホテル情報が検索されます。ハイアットホテルやシェラトンホテルなどフィリピン国内に複数のホテルが存在する場合、データベースに登録されている全てのチェーンが表示されますので、自分の宿泊予定のホテル名をその中から選択してください。

⑧フライトインフォメーションの入力

項目要約備考
Date of Arrivalフィリピン到着日カレンダーより選択
Date of Returnフィリピン出発日カレンダーより選択
Name of Airline航空会社名タブより選択
Flight Number航空便名タブより選択
Airport of Arrival到着空港名下記参照

フライトナンバー(航空便名)および到着空港名について

このシステムのデフォルト設定として、航空会社名をタブ一覧から選択した段階で、自動的に現在就航しているフライト番号一覧がタブで表示されます。また、フライト番号を選択した段階で自動的に到着空港名が表示されます。

全ての記入を終えたら「Next」ボタンをクリック。

⑨健康報告 <Health Declaration>

etravel 10

 

項目要約備考
Country(ies) worked, visited ………過去30日間に訪れた外国の確認下記参照
  • [COUNTRY(IES) WORKED, VISITED AND TRANSITED IN THE LAST 30DAYS] ⇒過去30日間の間に訪問もしくは乗り継ぎをした国がある場合は、[Add]ボタンをクリックし、その国名を記入。無い場合は、記入不要。

下段の質問事項

[Have you had any history of exposure to a person who is sick or known to have communicable/infectious disease in the past 30days prior to travel?] ⇒渡航前の過去30日間に病気の人または伝染病/感染症に罹患している人と接触した履歴がありますか?との質問。感染症患者との接触の有無を質問しているので、身に覚えのない人はNoにチェックを入れる。

[Have you been sick in the past 30 days?] ⇒過去30日間の間に病気になりましたか?との質問。ここも特に病歴の無い人はNoにチェックを入れる。

全ての記入を終えたら「Next」ボタンをクリック。

⑩入力項目最終確認画面 <New Travel Declaration Summary>

etravel 11

ここまでの記入が完了すると、各記入項目の確認画面が出ます。入力項目に誤りがあった場合は、ここで訂正してください。記入事項に間違いがなければ、下部の「Submit」ボタンをクリック。

⑪登録完了!

etravel 12

 

全ての登録が完了すると、QRコード付きの確認画面が表示されます。これで申請は完了です。
以前は日本出発時(空港チェックイン時)にQRコードの提示を求められましたが、今はQRコードを提示する必要は無くなりました。
(このQRコード付き確認証は登録したメールアドレスへも送信されます。)

*水色で囲われた部分の注釈は以下の通りです。

QRコードを提示する必要はありません。 eTravel システムはすでにフィリピン入国管理局、検疫局、保健局、観光局、運輸局、税関局と統合されています。入国審査場(外国人の場合)へ直接向かってください。

一度登録画面を閉じても、再度登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインすれば、登録したデータはいつでも再表示と情報の編集が可能です。

税関申告もオンライン申請へ

eTravelでは税関申告もオンライン申請が可能になりました。申請方法は別途ご案内いたします。

JALとANA、2024年2月以降の燃油サーチャージ発表。値下げへ

ニューコーストホテルマニラ、改装工事のため休館へ

海外渡航情報は絶えず変化しています!

当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. JALとANA、2024年4月以降の燃油サーチャージ発表。更に2段階値下げへ

  2. 【2024年2月最新版】フィリピン・eTravel大幅改定へ!登録方法詳細解説

  3. ニューコーストホテルマニラ、改装工事のため休館へ

  4. JALとANA、2024年2月以降の燃油サーチャージ発表。値下げへ

  5. セブパシフィック航空、セブ線・クラーク線欠航情報

ランキング

  1. 1

    【2023年11月最新版】フィリピン入国時の電子渡航申告システム、eTravelの登録方法解説

  2. 2

    【2022年10月最新版】韓国、ビザなし渡航本格的に再開。ただし、K-ETA申請は必須。

  3. 3

    JALとANA、2023年4月以降の燃油サーチャージ発表。3段階値下げ

  4. 4

    JALとANA、2023年2月以降の燃油サーチャージ発表。金額は据え置き

  5. 5

    免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. 6

    フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス321-neoSR編

TOP