フィリピン航空国際線燃油サーチャージ料金改定のご案内

フィリピン

フィリピン航空より燃油サーチャージ料金改定の案内が入りました。燃油サーチャージは直近2か月の航空燃料(シンガポールケロシン)価格の動向に伴い改定されます。2019年6月1日より2019年7月31日までの「発券分」燃油サーチャージは以下の通りです。

  • 対象路線:フィリピン航空 日本発国際線の各区間<片道あたり>
  • 対象者:大人・子供(座席を使用しない幼児は燃油サーチャージ徴収の対象外となります)
<金額一覧>
日本⇔フィリピン間  片道3,000円  往復6,000円
日本⇔中国/香港/韓国/東南アジア間 片道4,500円 往復9,000円
日本⇔北米/欧州/中東/オセアニア間 片道10,500円  往復21,000円

*この金額以外に別途、航空保険料が片道あたり300円必要になります。

特集記事

最近の記事

  1. フィリピン航空、2022年5月1日から5月31日までのフライトスケジュール発表

  2. 【2022年最新版】2泊3日間でフィリピンへ行くことは可能?

  3. ニノイ・アキノマニラ国際空港、フィリピン航空国際線の出発ターミナル変更のお知らせ

  4. フィリピン航空、2022年3月27日から4月30日までのフライトスケジュール発表

  5. フィリピン・マニラ、日本帰国用の PCR検査+陰性証明書(検査証明書)取得パッケージ販売開始

ランキング

  1. 1

    フィリピン・マニラ、日本帰国用の PCR検査+陰性証明書(検査証明書)取得パッケージ販売開始

  2. 2

    フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス321-200ceo編

  3. 3

    フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス330-300編

  4. 4

    フィリピン航空、2022年3月27日から4月30日までのフライトスケジュール発表

  5. 5

    【2022年最新版】2泊3日間でフィリピンへ行くことは可能?

  6. 6

    フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス321-200neoSR編

カテゴリー

TOP