燃油サーチャージ値下げへ。(2019年10月以降)

フィリピン

【2019年11月追記】12月1日から1月31日までの「発券分」について、燃油サーチャージは据え置きになりました。10月~11月発券分と同額になります。

全日空・日本航空は10月1日から11月30日までの「発券分」について、燃油サーチャージの徴収額を値下げする事を発表しました。

金額設定の基準となる6月と7月のシンガポールケロシン市況価格が1バレル76.58米ドル、為替レートが1ドル108・14円となり、円換算で1バレル8,282円となったことを受けたものです。

フィリピン航空も含め、他の航空会社もこの措置に追随する予定です。

日本発フィリピン行き燃油サーチャージ 金額
 8月~ 9月発券分 片道 4,000円  往復 8,000円
10月~11月発券分 片道 3,000円  往復 6,000円

特集記事

最近の記事

  1. フィリピン航空、2022年5月1日から5月31日までのフライトスケジュール発表

  2. 【2022年最新版】2泊3日間でフィリピンへ行くことは可能?

  3. ニノイ・アキノマニラ国際空港、フィリピン航空国際線の出発ターミナル変更のお知らせ

  4. フィリピン航空、2022年3月27日から4月30日までのフライトスケジュール発表

  5. フィリピン・マニラ、日本帰国用の PCR検査+陰性証明書(検査証明書)取得パッケージ販売開始

ランキング

  1. 1

    フィリピン・マニラ、日本帰国用の PCR検査+陰性証明書(検査証明書)取得パッケージ販売開始

  2. 2

    フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス321-200ceo編

  3. 3

    フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス330-300編

  4. 4

    フィリピン航空、2022年3月27日から4月30日までのフライトスケジュール発表

  5. 5

    【2022年最新版】2泊3日間でフィリピンへ行くことは可能?

  6. 6

    フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス321-200neoSR編

カテゴリー

TOP