新型コロナウィルスに備えるマニラ市中の様子

マニラ

コロナウィルスに対して危機感の強いマニラの状況

観光にビジネスに年間膨大な数の中国人が訪れるフィリピンでは日本以上にコロナウィルスへの警戒感が強くなっています。空港施設はもとより、ホテル・カジノ・レストラン・ショッピングモールなど多くの人が訪れる施設では関係者のほぼ全員がマスクを着用し、ウィルス感染に備えています。

一部の施設では施設に入る際に体温チェックが行われています。

特に中国人が多く訪れるホテルやカジノ、中国人が多く居住するコンドミニアムなどでは施設に入る際に体温チェックを行っている施設があります。平熱なら何の問題もありませんが、万が一風邪などで発熱している場合は施設への入場自体を拒否されるケースがあります。渡航の際は体調管理をしっかり行ってください。

ニューコーストマニラホテル(旧ニューワールドマニラベイ)の対応

中型のカジノを備えるこのホテルでは、入館時に体温チェックが行われています。ホテルエントランスのみならず、カジノへの入場口でも同じく体温チェックが行われており、高熱の場合は入場を拒否されます。フロントにはアルコール消毒用のボトルが複数設置されており、ウィルスに対する備えが徹底されています。現状、ベイエリアの5星クラスのホテルでここまで厳重な警戒をしているのはこのホテルのみです。近辺のダイヤモンドホテルやシェラトンホテルでは、従業員の全てがマスクを着用していますが、ここまでの対応は行っていません。

ニューコーストマニラホテル(旧ニューワールドマニラベイホテル)では入館時に体温チェックが行われている。
ダイヤモンドホテルでは体温チェックは行われていないが、スタッフは全員マスク着用中
オカダホテルのカジノでも体温チェックは行われていない。春節で大勢の中国人の来場を期待していたが、入国禁止で訪れる人も少なくカジノは閑散としている。もちろんディーラーは全員マスクを着用している。

海外渡航情報は絶えず変化しています!

当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. JALとANA、2024年4月以降の燃油サーチャージ発表。更に2段階値下げへ

  2. 【2024年2月最新版】フィリピン・eTravel大幅改定へ!登録方法詳細解説

  3. ニューコーストホテルマニラ、改装工事のため休館へ

  4. JALとANA、2024年2月以降の燃油サーチャージ発表。値下げへ

  5. セブパシフィック航空、セブ線・クラーク線欠航情報

ランキング

  1. 1

    【2023年11月最新版】フィリピン入国時の電子渡航申告システム、eTravelの登録方法解説

  2. 2

    【2022年10月最新版】韓国、ビザなし渡航本格的に再開。ただし、K-ETA申請は必須。

  3. 3

    JALとANA、2023年4月以降の燃油サーチャージ発表。3段階値下げ

  4. 4

    JALとANA、2023年2月以降の燃油サーチャージ発表。金額は据え置き

  5. 5

    免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. 6

    フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス321-neoSR編

TOP