【コロナ後の世界】新しい旅のエチケット

コロナ後の世界

いかにもお役所らしい体裁の案内書ですが、旅行業の監督官庁(国土交通省と観光庁)が発行した資料を皆様へお伝えします。

コロナ後は新しい生活様式が始まると各方面の識者がさんざん伝えていますが、旅行の「形態」も大きく変化しそうです。例えば以下のような事は当分出来ませんね。ソーシャルディスタンスを保つことが非常に重要になります。

  • 駅や空港の集合場所で団体さんを集めて大声でブリーフィングする。
  • 観光地でガイドさんが人を集めて大声で説明する。
  • 観光施設での長時間の順番待ち。
  • 満席の電車や飛行機の中でトイレの順番待ちの行列に並ぶ。
  • 大型貸切バスに定員いっぱいまで人を乗せる。
  • 大型貸切バス内でのカラオケやビンゴ大会などの余興
  • 旅館の大広間を利用した宴会。コンパニオンや芸者さんを入れてのお酌の応酬。(社員旅行など)
  • 二次会のカラオケルーム利用。
  • 旅館・ホテル・飲食店などでの、豪華ブッフェ形式の食事。(個包装か個別配膳が原則)
  • 一つの鍋を大勢でつつき合う事。
  • お土産屋や農産物店での試食コーナーでの試食や試飲
  • 旅館で一つの部屋に定員いっぱいの人数で宿泊すること。
  • 37度5分以上の熱がある人は旅行に参加しない、させない。

海外渡航情報は絶えず変化しています!

当サイトでは最新の情報をお伝えするべく、日々情報の更新を行うよう努めておりますが、各国政府の政策発表がその更新スピードを上回るケースも見受けられます。実際に海外へ渡航する予定のある方は、外務省・厚生労働省・法務省・在外日本国大使館・JETRO・JICA・各国の政府観光局・利用予定航空会社などが発表する最新情報を必ず確認していただき、絶えず情報を修正することを強くお勧めします。理由の如何に関わらず、当サイトに掲載されている情報によって生じるいかなる損害についても、編集人および運営会社は責任を負わないものといたします。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. JALとANA、2024年4月以降の燃油サーチャージ発表。更に2段階値下げへ

  2. 【2024年2月最新版】フィリピン・eTravel大幅改定へ!登録方法詳細解説

  3. ニューコーストホテルマニラ、改装工事のため休館へ

  4. JALとANA、2024年2月以降の燃油サーチャージ発表。値下げへ

  5. セブパシフィック航空、セブ線・クラーク線欠航情報

ランキング

  1. 1

    【2023年11月最新版】フィリピン入国時の電子渡航申告システム、eTravelの登録方法解説

  2. 2

    【2022年10月最新版】韓国、ビザなし渡航本格的に再開。ただし、K-ETA申請は必須。

  3. 3

    JALとANA、2023年4月以降の燃油サーチャージ発表。3段階値下げ

  4. 4

    JALとANA、2023年2月以降の燃油サーチャージ発表。金額は据え置き

  5. 5

    免税タバコ、2021年10月1日より免税範囲(免税数量)改定。日本帰国時の免税タバコの持ち込みには注意が必要。

  6. 6

    フィリピン航空国際線シートマップ(座席表)有料座席一覧 エアバス321-neoSR編

TOP