日本帰国用のPCR検査と陰性証明書(検査証明書)を取得するための、「PCRパッケージ」登場!

フィリピン・マニラから日本へ帰国する際に必要な、PCR検査の予約から検査証明書の取得までの行程を、一つのパッケージにまとめました。
検査の予約・検査証明書取得のアシストから医療機関への往復送迎までワンストップでお届けします。

フィリピン・マニラから日本へ帰国する際に必要な、PCR検査の予約から検査証明書の取得までの行程を、一つのパッケージにまとめました。

日本帰国時の必須書類「検査証明書」(陰性証明書)

日本の水際対策について

日本政府が定める入国時の水際対策により、フィリピンから日本へ帰国する際には、現地出発の72時間前以降に医療機関で新型コロナウィルスPCR検査を受け、陰性を証明する「検査証明書(陰性証明書)」を取得する必要があります。この検査証明書を出発空港で提示しないと、飛行機に乗ることができません。また、日本帰国の際に検査証明書を提示しないと日本への入国ができなくなり、強制送還されてしまいます。検査証明書は帰国の際に絶対に必要な書類となります。

厚生労働省が定める所定の書式

検査証明書には、厚生労働省が定める所定の検査方法とフォームがあります。所定以外の検査方法やフォームで取得した検査証明書は無効となってしまいます。厚生労働省が定める検査方法はこちらを参照してください。また、厚生労働省が定めるフォーム(PDF版)はこちらからプリントアウトすることができます。氏名・パスポート番号・交付年月日などは正確に記入する必要があります。実際のパスポート上の氏名表記と検査証明書に記載された氏名表記が異なっている場合、その証明書は無効になってしまいます。

陰性証明書

任せて安心!PCR検査証明書(陰性証明書)パッケージ

PCR検査証明書パッケージに含まれる内容について

「PCR検査証明書パッケージ」は、PCR検査を受けるための医療機関の予約から始まり、医療機関への往復送迎(ご希望の場合)、検査証明書の取得までを一貫してお手伝いさせていただくパッケージになります。帰国前の何かと慌ただしい時間を、少しでも有意義に過ごしていただけるように、医療機関でのスムーズな進行のお手伝いを心掛けています。なお、受診する医療機関へはPCR検査受診のためと検査証明書受領のために、2回行くことになります。現在マニラでは、PCR検査の結果判明までに24時間~30時間ほど時間を要するため、2日間に渡り医療機関へ行く必要があります。「PCR検査証明書パッケージ」に含まれる費用内容は、以下の通りです。

1PCR検査予約代行費用
2PCR検査受診費用
3厚労省指定フォーマットによる検査証明書発行費用
4【ご希望の場合】滞在ホテルから医療機関までの往復送迎費用1(検査受診日)
5【ご希望の場合】滞在ホテルから医療機関までの往復送迎費用2(検査受診日翌日・証明書受領日)

*往復送迎時にお迎えにあがるドライバーは英語の話せるフィリピン人ドライバーになります。日本語は通じませんので、ご注意ください。

<受診医療機関では、以下のサポートを行います>

  • 厚労省指定フォーマットによる検査証明書用紙の事前準備
  • 検査証明書取得時の日本語サポート(日本人ドクターが検査を行います)

検査医療機関

医療機関名STCメディカルインターナショナルクリニック (STC Medical International Clinic)
住所517 Alonza street, Malate, Manila, 1004 Metro Manira
facebookページhttps://www.facebook.com/stcmedical/
予約受付時刻午前8時30分 ~ 午後3時 (月曜~土曜)
午前10時   ~ 午後3時 (日曜日)

STC Medical International Clinic

  • パールガーデンホテルから徒歩1分。
  • シェラトンマニラベイホテルから徒歩2分。
  • ニューコーストホテルから徒歩3分。
  • ダイヤモンドホテルから徒歩5分。
  • ロビンソンズプレイスマニラから徒歩5分。

予約申込時に必要な情報・書類等

1帰国予定日および帰国予定便名
2氏名(漢字およびパスポートに記載された英語表記名)・性別・生年月日
3メールアドレスおよび連絡先電話番号
4受診希望日(第1希望・第2希望)
5フィリピン滞在中のホテル名
6パスポートの写し(顔写真面)(お申込みが複数人になる場合、全員分の情報が必要になります)
7日本帰国便のeチケットコピー (お申込みが複数人になる場合、全員分の情報が必要になります)

パッケージ費用

<PCR検査パッケージ>

*ホテルから受診医療機関までの2度の往復送迎費用が含まれます。マカティ地区・グローバルシティ地区・シティオブドリームスやオカダ・ソレア・ヒルトン・オークラホテルなどに滞在予定の方は、こちらのプランをお勧めします。

お一人様 34,800円

<PCR検査予約代行プラン>

*受診医療機関へは、ご自身でお越しください。マラテ・ベイエリアのホテル(シェラトンマニラベイ・ダイヤモンドホテル・ニューコーストホテル・パールガーデンホテルなどからは、徒歩圏内に受診医療機関があるため、送迎手配を外したプランになります。お申込みのお客様へは、クリニックまでの地図をお渡しします。

お一人様 21,800円

<新プラン・迅速コース>

2泊3日間など、マニラ滞在が短い方のために迅速コースをご用意しました。検査から6時間後に検査証明書をお渡しするプランになります。例として、午前10時に受診すれば、当日の16時以降に検査証明書を受け取ることができます。ただし、医療機関の営業時間の関係で、午後受診されても検査証明書を受け取ることができるのは、翌朝になってしまいます。迅速コースをご希望の方は、午前中に受診されることをお勧めします。

お一人様 上記費用+15,000円追加

*急激な円安の影響で、フィリピンペソの為替レートも高騰しております。現状の為替レートに応じ、価格を改定させていただきました。

お申し込みはこちら

受診希望日時をお伺いしたのちに、医療機関への予約手続きを開始します。お申込みから予約完了の回答までは、2営業日ほどいただく場合がございます。お支払いは、銀行振込もしくはクレジットカードがご利用いただけます。

なお、現在マニラではPCR検査の結果判明まで最長で30~36時間程度の時間を要しています。医療機関で採取した検体は民間の検査機関へ送られ、その検査機関が検査を行うため、時間がかかっています。

基本的には日本帰国予定日の3日前(出発便の72時間前)に受診することをお勧めしています。マニラ出発2日前の受診では検査結果が判明せずに、検査(陰性)証明書が取得できなかった事例が出ております。午前中の受診でしたら、出発2日前の受診でもお申し込みは可能ですが、再検査などで証明書が発行されないなど、一定の「リスク」が生じることをご承知おきください。

なお、上記のリスクを踏まえ、日本帰国予定日前日の午後の受診および帰国当日の受診は、予約をお受けできませんのでご注意ください。また、2泊3日間の日程の場合は、迅速コースをご利用ください。

予約受付期限:受診予定日の5日前までにお申し込みください。

お申し込みはこちら

キャンセルポリシー

予約確定後にお取消しの場合は、以下の取消料を申し受けます。

予約確定後、検査日の3日前まで費用の50%
検査日の前々日及び前日費用の80%
検査日当日及び無連絡不参加費用全額

 

よくある質問

検査証明書は受診日にその場で入手できますか?

土曜日・日曜日・フィリピンの祝祭日でも受診は可能ですか?

帰国日前日もしくは当日でも予約は可能ですか?

支払は現地払い(ペソ建て)でも大丈夫ですか?

英語もタガログ語も話せません。医療機関内で戸惑う事はありませんか?

クラーク・アンヘレスやラグーナ地区などマニラから遠隔の場所やマニラ郊外でもパッケージは申し込めますか?

家族宅・知人宅に滞在しています。この場合、住所を知らせれば医療機関までの送迎を行ってもらえますか?

検査結果が「陽性」だった場合の対処方法を教えてください。

日本出発日(マニラ到着日)の受診は可能ですか?

取扱代理店

株式会社セイムコーポレーション (ミッドパックツアーセンター)
(東京都知事登録旅行業3-6264号 全国旅行業協会東京都支部正会員)
住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-34 プラザお茶の水ビル501号
電話:03-3518-9581
FAX :03-3518-9637

メールでのお問い合わせはこちら

特定商取引法に基づく表記

特定商取引法に基づく表記については、こちらをご参照ください。

TOP